リードアニメーター福山敦子他がCGWORLD2019に登壇!

VR空間におけるキャラクターの自然な存在感の実現方法について講演

登壇するのは『Last Labyrinth』において、プレイヤーの手助けをしてくれる謎の少女「カティア」を手掛ける、リードアニメーターの福山敦子と、テクニカルアーティスト兼アニメーターのブロードヘッド・アレクシス・ジャスミンです。
これまで、「カティア」をただのゲームキャラクターではなく、VR空間に実在するパートナーのように感じてもらえるよう開発してきました。この講演では「カティア」をより自然な存在として感じてもらうために行った方法をご紹介します。

◆CGWORLD2019クリエイティブカンファレンス 概要

  • イベント名称:CGWORLD2019クリエイティブカンファレンス
  • 開催日時:2019年11月3日(日) 13:00~18:30
  • 会場:文京学院大学本郷キャンパス
  • 入場料:無料※事前登録制
  • セッション名:【B-07】VR空間におけるキャラクターの自然な存在感を実現する方法
  • セッション時間:14:20~15:20
  • 受講対象:3Dアニメーター、テクニカルアーティスト、VR空間におけるキャラクター表現に興味のある方
  • 公式URL:https://cgworld.jp/special/cgwcc2019/schedule/amata/
■登壇者紹介

福山敦子 (Atsuko Fukuyama)
『Last Labyrinth』 リードアニメーターとして「カティア」のキャラクターアニメーションを担当。過去には『ICO』のヨルダ、『ワンダと巨像』のアグロのキャラクターアニメーションを担当した。彼女が生み出すキャラクターは言葉によるコミュニケーションが無くとも愛おしい存在として認知されています。
※『Last Labyrinth』公式Twitterでの紹介記事はこちら

ブロードヘッド・アレクシス・ジャスミン (Alexis Jassmin Broadhead)
『Last Labyrinth』テクニカルアーティスト兼アニメーター。開発チームの3Dアニメーション制作環境をより最適化し、快適かつ効率的に制作できるようアニメーター達を支えています。
※『Last Labyrinth』公式Twitterでの紹介記事はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です